FC2ブログ

丸山円 動物画日記

動物画家・日本画家の丸山円です。展覧会のお知らせや、絵の制作で感じたこと等を書いています。
MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ

自分流の抽象画的な表現

「抽象画」とは、私的には
「作者にしか意味のわからない絵」としか思っていなくて、
正直 好きじゃないし、一生関わらないだろう と考えていました。

でも先日、石川県立美術館の「優品選」
金沢美大の百々先生や、中町力先生の絵を拝見して、考えが少し変化。
美術館の説明では、先日の「優品選」は抽象~半具象をテーマにしていたとのこと。
百々先生の「夢想」は形ある人物の作品で具象に見えるし、
中町先生の「Lex. Avenue」は街並みの写実的な絵だと思う……
でも「抽象~半具象系」。

だとしたら、私が今 目指しているものも
「抽象画的な表現」と言えるのかも。

私の少し前までの悩みは、
写実な似顔絵・肖像画を描いていた時のクセが抜けず
日本画作品も どこか肖像画ちっくになってしまうこと。
変に真面目に正確に描こうとしてしまって、
モデルがどこかに実在している感じがする……
鑑賞画としては致命的です。
誰も他人の家の子なんて飾りたくないですよね。

生きているものを描く時には、そこに細心の注意を払わないと。
でも考えも技術も、そこに追いつかなかった。

最近はそこからだんだん抜け出せてきた気がします。
スケッチさせてもらったモデルはいるのだけど、
「頭の中にいる架空の子」と混ぜ合わせて、自分だけの子を作り出す。
それが出来るようになってきて、
それに伴い 自分の考えを表せるようにもなってきました。
現実の子を想像させない ぼかした表現、
これもある意味「抽象画的な表現」なのかも。

日本画はリアルでない絵が多いですよね。
日本画の絵具が リアルに描くのに向いていないというのもあるだろうけど、
私は「どうにか工夫してリアル画を描こう!」と考えています。
目指すは、「まるで本物みたいな、温かで愛らしい動物画」!

画商さんに「デフォルメが大事」だと言われるたびに、
その上っ面しか理解していない私は
「そんなのイヤ。リアルを目指すんだもんね」と
内心 反発していたのだけど(笑)
でも今なら思う。自分を表現するには、「デフォルメ」が大切。
マンガやアニメみたいに可愛いキャラ化するのではなくて、
「自分流のデフォルメ・抽象化」

今まで無関係だったものが 実はそうでなかったと気づけて、嬉しいです。
まあ「どう描けば良いのか」と 絵のレベルアップに直接かかわることが
知れたわけではないのだけど、精神的には一歩前進。
好きでなかったものに興味が持てただけでも テンションUPです!
心が豊かになった気がします。


----------
お読みいただきありがとうございます。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログ 動物画へ

スポンサーサイト
いろいろ

雪かき in 金沢

雪がしっかり積もった金沢です。
2日連続で、朝からガッツリ雪かき大会。
あちこちのお家から「シャ!シャ!」と賑やかです。
暖かい室内で聞く分には心地良くて好きな音、
でも自分で鳴らすのは嫌いです(笑
除雪車、こっちにも早く!何卒!

シャベルがすでに重のに、+雪で 子泣きじじい級です。
ああ、雪吊りが雪景色に映える……と現実逃避しながら
手のひらの痛みに耐える私。

この痛み、何かに似てるなあと思ったら、アレです。
小学校の時の鉄棒の練習した後の痛みみたい。
鉄棒も嫌いでした。逆上がりはついに出来なかった。

南天?
植えていないのに いつの間にか生えたこの人、
何でしょう?南天? 赤がめっちゃキレイで可愛い。
ツヤツヤぴっかぴか、美味しそう。

車に雪 2017/12月 in 金沢
愛車Rushの窓に積もった雪、頑固すぎて降ろせない……
冷たかろう、重かろう、可哀想に。
ガレージは私の絵に占領されて、車はお外なのです…(; ̄ー ̄
丁度 お日様が出てきたので 雪溶かしを手伝ってもらおう、と休憩。

アトリエから 2017/12月 in 金沢
アトリエからの景色、太陽が明るく照って気持ちいい。
贅沢だなあとつくづく思います。
除雪車が家の前を通ってくれました、感謝。
この音も大好きです。

お向かいの新築のお家、一昨日に引っ越して来られました。
賑やかになって嬉しい。寒い冬は特に。



----------
お読みいただきありがとうございます。
よろしければ、ぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログ 動物画へ

展覧会レポート

石川県立美術館「優品選」

コレクション展「優品選」近現代絵画・彫刻
2017/11/11(土)~12/17(日)
石川県立美術館
石川県立美術館
石川県立美術館「優品選」

▼HP 展覧会案内より
概要
前回の優品選で絵画は写実系の作品を中心に展示しましたので、
今回は抽象から半具象系の作品をご覧いただきます。
日本画では曲子光男の《流》、松崎十朗の《校庭》、日影圭の《汎》等。
曲子の作品は流水という抽象形を丹念に描き、写実と抽象とが渾然一体となっています。
~中略~
いずれも各作家の個性が遺憾なく発揮された作品です。
どうぞご堪能ください。

*  *  *

金沢美大で途中まで教えていただいた百々俊雅先生の作品を拝見しに行ってきました。
平成元年(1989年)第21回改組日展 特選「夢想」

百々先生の絵、大好きです。
百々俊雅先生 画集
「夢想」は、画集でよく拝見させていただいているのですが、
実物は迫力がまるで違い、感動しました。

私はやっぱり同系色でまとめられた優しい絵が好きです。
柔らかい色味の中に横たわる裸婦。
輪郭あたりのさわやかなグリーンが素敵
目の中の点描のような暗めのグリーンも綺麗
何をどう重ねればこんなに複雑な色味になるんだろう……
もう全てが素敵。感動。

「何かすごく良いものを全身で吸収した!」と
素晴らしいものを見た時の 独特の感覚。
植物の光合成を体感できたら、きっとこういう感じだと思う



----------
お読みいただきありがとうございます。
気に入っていただけましたら、ぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログ 動物画へ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。