丸山円 動物画日記

動物画家・日本画家の丸山円です。展覧会のお知らせや、絵の制作で感じたこと等を書いています。
MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展覧会レポート

石川県立美術館「優品選」

コレクション展「優品選」近現代絵画・彫刻
2017/11/11(土)~12/17(日)
石川県立美術館
石川県立美術館
石川県立美術館「優品選」

▼HP 展覧会案内より
概要
前回の優品選で絵画は写実系の作品を中心に展示しましたので、
今回は抽象から半具象系の作品をご覧いただきます。
日本画では曲子光男の《流》、松崎十朗の《校庭》、日影圭の《汎》等。
曲子の作品は流水という抽象形を丹念に描き、写実と抽象とが渾然一体となっています。
~中略~
いずれも各作家の個性が遺憾なく発揮された作品です。
どうぞご堪能ください。

*  *  *

金沢美大で途中まで教えていただいた百々俊雅先生の作品を拝見しに行ってきました。
平成元年(1989年)第21回改組日展 特選「夢想」

百々先生の絵、大好きです。
百々俊雅先生 画集
「夢想」は、画集でよく拝見させていただいているのですが、
実物は迫力がまるで違い、感動しました。

私はやっぱり同系色でまとめられた優しい絵が好きです。
柔らかい色味の中に横たわる裸婦。
輪郭あたりのさわやかなグリーンが素敵
目の中の点描のような暗めのグリーンも綺麗
何をどう重ねればこんなに複雑な色味になるんだろう……
もう全てが素敵。感動。

「何かすごく良いものを全身で吸収した!」と
素晴らしいものを見た時の 独特の感覚。
植物の光合成を体感できたら、きっとこういう感じだと思う



----------
お読みいただきありがとうございます。
気に入っていただけましたら、ぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログ 動物画へ

スポンサーサイト
展覧会レポート

展覧会に行って来ました & ワイヤーアート体験♪

先日、絵を販売して頂いている金沢市の画商&ギャラリー・ひろた美術さんに、
美大の先生方の「石川県日本画会小品展」を見に行ってきました (^▽^*)

運良く 行った日に開催スタートだった、
「大石明子 押し花・レカンフラワー展 -花たちのメッセージ-」
「緩やかにそしてやさしく 中山明美 ワイヤーアート展」も一緒に♪


<石川県日本画会小品展>

石川県日本画会小品展DM

 会場:ひろた美術画廊
 会期:2014,7,10(木)~7,22(火) 16日は定休

先生方の作品展は、当たり前ですが素敵な作品ばかり。
現代美術展の前に先生からご紹介頂いて お話させて頂いた先生方の作品もありました。
16×16cmの作品も、素敵だったなあ。
真四角も良いですね。私も描いてみようかな。
毎日暑いので、金魚などのお魚を描いてみたいなあと。
金魚だったらピッタリなサイズじゃないかな。
額装も素敵なものばかりで、とても勉強になりました。


<大石明子 押し花・レカンフラワー展 -花たちのメッセージ->

大石明子 押し花・レカンフラワー展 -花たちのメッセージ-DM

 会場:ひろた美術画廊
 会期:2014,7,11(金)~7,21(月) 16日は定休

ひろた美術さんで、押し花とレカンフラワーの教室をされている先生の個展です。
去年の私の個展に来て下さって、私のことを覚えていて下さいました (´∀`*)
私もあの時、ひろたさんから大石先生のことを紹介して頂いて、
いつかお花を教わりたいなと思っていました。
お祝いに頂いたお花を花瓶に活けるのが本当に難しくて、
残念な感じになってたんですよね(笑)
「個展を開くなら、お花はできるようにならないと」と心に誓いつつ、
結局1年が過ぎようとしているんですが…w

↑の画像にもある、薄い色のお花の作品が特に好きです。
本物はもっと白っぽい色合いで、私の大好きな雰囲気!
立体的だったので、レカンフラワーですよ、ね?
レカン(宝石箱)のお名前通り、どの作品も綺麗で華やかで可愛いかったです♪♪
もちろん押し花も素敵でした。
遠くから見ると絵画みたいで、近寄ってみて初めてお花が使われていると分かります。
デザインセンス、私も欲しいなあ…!!
ゴーヤやカボチャでも押し花できるんですって! いつか見てみたい!

13日にはレカンフラワー体験もあったんですが、残念ながら行けませんでした…。
今度教室の方で体験させて頂けたら嬉しいなあ。


<緩やかにそしてやさしく 中山明美 ワイヤーアート展>

緩やかにそしてやさしく 中山明美 ワイヤーアート展DM

 会場:ひろた美術画廊
 会期:2014,7,11(金)~7,21(月) 16日は定休

13年間、イギリス・ロンドンと日本を行き来してお仕事をされている方の個展です。
ヨーロッパでお仕事……憧れます!!
私、ヨーロッパ大好きなんですよ。行ったことはないですが (´ω`*)ゞ
BSの「大人のヨーロッパ街歩き」で見た、フランスのマルセイユ……素敵すぎ。
でも華やかなことばかりじゃなく、人種差別などの嫌なことも多いよ、と仰っていました。
ですよね。やっぱり差別を気にしない強い人じゃないと、やっていけないですよね。
かっこいいなあ。

作品は、ワイヤーと和紙がコラボした大きなものから、
細いワイヤーで作られた可愛いアクセサリー、
何種類かの細さのワイヤーからできたバイオリンなど(かっこよかったです!)、
素敵な作品がたくさん。
会場の入り口を飾る作品作りまで、生で拝見できました♪
ワイヤーで素早く形作って、出来上がり。鮮やか!!

東北の被災地での活動「勝ち虫トンボ」のトンボさん作り体験が
丁度開催されていたので、体験してきました*
上が私が作ったトンボさん3匹。
ピンがついているので、ブローチとして使えます。
下が先生が作って下さったトンボさんとお花です♪

ワイヤーアート・勝ち虫トンボ作り体験

中山明美先生のトンボとお花

私が作ったトンボさんは、尻尾のところにハートが付いているんですよv
私 爪が薄めなので、真ん中のくぼみを押して作るのはちょっと難しかったですが、
けっこう可愛くハートにできました*
初体験のワイヤーアート、楽しかった! ハマってしまいそうです。
自分でイヤリングとか作ってみようかな♪♪


  ◆   ◇   ◆   ◇


今日も日記をお読みいただきありがとうございました!
当ブログは↓↓の3つのランキングに参加しています。
気に入っていただけましたら、ぽちぽちっとクリックお願いします♪
3つともクリックしていただけると嬉しいです*
人気ブログランキング  にほんブログ村 イラストブログ リアル似顔絵へ


展覧会レポート

第2回 宮本三郎記念デッサン大賞展

先日、「第2回 宮本三郎記念デッサン大賞展」に行って来ました。

第2回 宮本三郎記念デッサン大賞展1 フライヤー

●小松展 2013年9月28日~11月4日(終了)
  会場:小松市立宮本三郎美術館
●東京巡回展 2013年11月9日~12月1日(開催中)
  会場:世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館

9月の個展中に、会場だったひろた美術さんで、このフライヤーを発見しました。
鉛筆画部門のある公募展を探していたところだったので、グッドタイミング \(^∀^)/
しかも、↑のフライヤーにドーンと載っている今回の大賞作品には、
私の作品も通じるものがあるように思えて、更にやる気アップ。

というわけで、勉強と偵察の 2つの目的で行って来ました ε = ((((o^ー^)o

第2回 宮本三郎記念デッサン大賞展2 小松市立宮本三郎美術館

会場は石川県小松市にある小松市立宮本三郎美術館。
初めて行ったんですが、土蔵造りの素敵な美術館でした。
生憎のお天気で、お客さんはまばら。
お陰でゆっくり鑑賞できました。

当たり前ですが、白黒の作品ばかり♪ おしゃれ!
やっぱり私は白黒が好きだなー!と改めて実感しました。
「デッサン」とは言っても、鉛筆だけじゃなく、
ペンを使われていたり、絵具を使われた色のある作品も。
私が持っていたデッサンのイメージは、すごく狭い範囲のものだったんだなあ。

お目当てだった大賞・福崎翼さんの「TALES」。
モチーフは優しい眼差しの牛さんv
レースやリボン、アクセサリがセンス良く配置された、おしゃれな作品でした (´∀`*)
丁寧に丁寧に描かれた繊細な線に感動して、
他のお客さんの迷惑なのも気にせず、貼りついて観察 (ΦДΦ)
↑のお名前から福崎さんのHPへ行けますが、
現在TOPにあるお馬さんの作品も展示されていました。
どちらも素晴らしく私の好みでしたvvv

私もがんばって次回は出品しよう!!
でも、この公募展はビエンナーレ
2年に1度しかないんですよね…。
フライヤーをよく見ていなくて、来年 出す気満々だったのに、
個展中に知り合った洋画家さんに指摘されてガッカリしました… (;ω;)

2015年秋までに、デッサン力を磨くことにします!!

第2回 宮本三郎記念デッサン大賞展3 コメントコーナー

作家さんへのコメントコーナーもありました。
公募展で、コメントを書けるコーナーを見るのは初めてでした。
こういうの 良いですねー♪

「第2回 宮本三郎記念デッサン展」は、12月1日まで、
世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館で巡回展が開催中です。
デッサンに興味をお持ちの方は、きっと楽しめると思いますよ*

第3回には、私の作品も並んでいることを願いつつ、
第1回、第2回の図録を購入。勉強しよう!!ヾ(*`ω´*)ノ



   ◇   ◇   ◇

似顔絵店をはじめました。
お写真からモデルさんそっくりの似顔絵を制作いたします。
お描きするのは、ペットさん、赤ちゃん、その他の動物さん、植物さんです
ご注文いただいた際には、こんな感じで描かせていただきます。

詳しくはこちらをご覧ください*

今日も日記をお読みいただきありがとうございました!
当ブログは↓↓の3つのランキングに参加しています。
気に入っていただけましたら、ぽちぽちっとクリックお願いします♪
3つともクリックしていただけると嬉しいです*
人気ブログランキング  にほんブログ村 イラストブログ リアル似顔絵へ


展覧会レポート

山本由美子 ステンドグラス展

今回は、展覧会レポートです。
作品の写真が撮れなかったりすると感想が書きにくくて
レポートをサボってきてたので、かなりお久しぶりです (・・。)ゞ

作家さんが友達の友達ということで、誘われて行って来ました。
個展の時に知り合ったメイクアップアーティストさんも一緒です*
こうやって、アーティストの輪に入れると嬉しいものですねー(〃'∇'〃)
個展をやってほんとによかった!

山本由美子 ステンドグラス展1 DM

「山本由美子 ステンドグラス展」


会場は卯辰山の中腹にある「山ノ上ギャラリー」さん。
2年前にできた新しいギャラリーです。

卯辰山は、美大生の時、帰りによく車で通っていました。
山! というほど標高の高い山ではなく、
でも金沢を中心とした夜景が眺められる展望台もあって、
街中からふらっと気軽に行ける自然たっぷりな所です。
四季折々の風景が楽しいので、
わざわざ卯辰山の方から遠回りして帰ってました。
(久しぶりに通ったら、緑が削られて土がむき出しになってしまった所もありましたが…。
 せっかくの自然、そっとしておいて欲しいです。)

「山ノ上ギャラリー」さんは、毎年春にお花見を楽しんでいる道の途中にあります。
老木が並ぶ、お花見スポット*
暗くなると夜景も素敵なんですよー(=´▽`=)
レトロな赤いポストが目印です。

山本由美子 ステンドグラス展2 山の上ギャラリー外観

友達のおうちみたいなアットホームなギャラリー。
靴を脱いでお邪魔します*

山本由美子 ステンドグラス展3

山本由美子 ステンドグラス展4

山本由美子 ステンドグラス展5

山本由美子 ステンドグラス展6

ギャラリーA(1F?)は、主にカラフルで可愛らしい作品が、
ギャラリーB(B1F?)は、モノトーンのオシャレな作品が
展示されていました。

ステンドグラスには様々な作り方があるそうですが、
気に入ったガラスを、真鍮の棒を即興で曲げて飾る、
という方法で主に作られたのだそうです。
ちょこんとお部屋に飾ったらきっと可愛いお家や教会、
人をイメージされた、2本足で立つ不思議な作品、
なんだかぶどうのツルみたいな、しなやかなカーブ、
水滴がたくさん散りばめられたような涼やかな丸いガラス群、
魅力的な作品がいっぱいでした*

中でも特に気に入ったのが、この2作品。

山本由美子 ステンドグラス展7

山本由美子 ステンドグラス展8

私はやっぱりモノトーン作品に惹かれるみたいです。
透明や、白系マーブル模様のガラスと、真鍮のこげ茶色がすごく綺麗。
ステンドグラスは部屋に落ちる色や影も大切に考えて作られると聞きますが、
↑の2枚目の作品は特に、影が綺麗でした。
その日のお天気や、日の角度で、どんどん雰囲気が変わるんだって。
一見するとどこにガラスが入っているのか分からないけれど、
ガラスが入っている所の影は少し濃い色になって、
それがアクセントになって面白いです。
ガラスの角度でも影の濃さが変わるんですね。初めて知りました!

山本由美子さんは「ガラスをいかに綺麗に見せるか」を大事に考えていらっしゃるとのこと。
ご自分の仕事に誇りを持っていらっしゃることが、
とても伝わってくる作家さんでした。
自分と同じ若手の作家さんなのに、すごいなーと、
私も見習わないと!と刺激をいただきました (@^▽^@)

「山本由美子 ステンドグラス展」は、明日10/7までです。
売れた作品から無くなっていっちゃうので、
行かれる方はお急ぎ下さいませ!




   ◇   ◇   ◇

似顔絵店をはじめました。
お写真からモデルさんそっくりの似顔絵を制作いたします。
お描きするのは、ペットさん、赤ちゃん、その他の動物さん、植物さんです
ご注文いただいた際には、こんな感じで描かせていただきます。

詳しくはこちらをご覧ください*

今日も日記をお読みいただきありがとうございました!
当ブログは↓↓の3つのランキングに参加しています。
気に入っていただけましたら、ぽちぽちっとクリックお願いします♪
3つともクリックしていただけると嬉しいです*
人気ブログランキング  にほんブログ村 イラストブログ リアル似顔絵へ


展覧会レポート

展覧会「大下百華 展」「能登珪藻土アート展」

ひろた美術さん本店で開かれている2つの展覧会、
大下百華 展 ~木版画 ドローイング 漆小物~」と
能登珪藻土アート展 ―自然とアートの融合―」を見てきました。

「大下百華 展 ~木版画 ドローイング 漆小物~」DM 「大下百華 展 ~木版画 ドローイング 漆小物~」

版画家さんの大下百華さんの個展です。
木版画もドローイングももちろんステキだったんですが、
とにもかくにも漆小物のブローチがほんっっとに可愛らしくてvv
写真を撮らせていただきたかったんですけど、撮影禁止でしたー。残念です。
お写真は、↑でリンクさせていただいたひろた美術画廊さんのブログをご覧くださいね。
黒を基調に多分螺鈿(ラデン)などが施された女の子型のブローチ、
きっと黒いワンピとかに合わせるとピッタリ!
おさかなさん型のもすごく可愛らしかったんですけど、女の子型のブローチが今も忘れられません。
買おうかどうしようかしばし悩んだものの、どうしても手を出せなかった…(´A`。) くやしい
いつまでも後ろ髪が引かれるお気に入りの作品になりましたv
また素敵な作品を見せてください!


能登珪藻土アートパネル作品集  「能登珪藻土アート展 ―自然とアートの融合―」

このブログでも書かせていただいてきた、がくぶち屋さんでお会いした作家さん方のグループ展です。
木澤創活さん(書家さん)、槻岡果加梨さん(書家さん)、風とんぼさん(書家さん)、
イシノアサミさん、本弘美さん(加賀友禅作家さん)、坂下眞智子さん(日本画作家さん)の作品と、
「能登珪藻土アートパネル」がコラボした作品を拝見しました。
日本画、書、イラストと、一度にいろんなジャンルの作品が一気に見られて、楽しかったですー!
やっぱり特に注目してしまうのは、坂下眞智子さんの日本画作品と、
そしてがくぶち屋さんで作品のお写真を見せていただいていたイシノアサミさんのイラスト作品でした。

坂下眞智子さんの作品

薄塗りのやさしいタッチで描かれた黄緑と白いぶどうさん、可愛らしいですvv
背景の塗り方、そして落款の押す位置について学ばせていただきました。
私だったら多分ほとんど考えずに右下あたりにポンと押しちゃうんでしょうけど、
あえて作品の上に押す、という方法もあるんですね。
赤色がピリリと効いてとてもすてきです。
私には絶対思いつかないし、押す勇気もなさそう(´Α`;)
勉強あるのみですね。ありがとうございました!

イシノアサミさんの作品

イシノアサミさんのイラスト、拝見したかったんですv
HPは見せていただいてたんですが、実際に見られて嬉しいです。
色鉛筆で繊細に描かれていて、とてもキレイvv
下描きなしで直接色鉛筆で描いていらっしゃるんですかね?
色鉛筆って消しゴムでなかなか消せないと思うし、
不透明絵具みたいに薄い色を塗り重ねても乗らないと思うので、計画的一発描きなのかな。
すごいですね。青を基調に、色がカラフルにいっぱい使われていてキュートでしたvv

「能登珪藻土アートパネル」は、普通の額と違って背面が壁にピッタリくっつく仕様になっていて、
作品がやや下を向く、ってことがないみたいです。
中に入っている絵も少し浮かせてあって、なんかスゴイ。インテリア!というかんじです(゜∀゜*)
土の質感があったかで、いかにも額、という雰囲気ではないと思うので、
おうちに自然に飾れそうですね~v

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。